データ復旧業者にお願いしました

データ復旧業者にお願いしました

今年から新入社員として働いています。毎日大変ですが、何とか頑張っています。

 

パソコンは必須アイテムで、仕事の大事な内容がいっぱいつまっています。

 

毎日家に持ち帰り、家でも遅くまで仕事をしています。

 

 

 

ある日、お風呂から上がってさあ仕事の続きをしようと思ったら、パソコンがおかしいのです。

 

大事なデータがすべてなくなっているんですよ。

 

もちろん、誰かが触ったとかいう形跡はありません。

 

数日後にそのデータを元に大きなプレゼンがあり、なんとかしなくてはいけません。

 

でも、データの復旧の仕方なんて素人の私にはわかるはずありません。

 

早速データ復旧専門の会社を調べてお願いすることにしました。

 

幸いすぐに来てくれるところがあって、夜にもかかわらずお願いしました。

 

さすがプロですね、原因をすぐつきとめデータの復旧がなんとかできました。
データ復旧 http://www.geocities.jp/data_reborn2448/

 

 

会社の人にもこのことは内緒にしておけてよかったです。

 

これからこんなことがまた起きないようにアドバイスもしてくださり、すごく助かりました。

 

数日後のプレゼンも無事終わり、本当によかったと胸をなでおろしています。

 

今度万が一またこんなことがあったら、またあのデータ復旧専門会社にお願いしようと思っています。

自分でデータ復旧できるようになっておけば良かった

 

以前勤めていた会社で自分は図面を描く仕事をしていました。

 

図面はパソコンで管理されていたので、当然パソコンで図面を作成します。

 

パソコンが導入されてまだ間がないような本当に初期の時代です。

 

1週間かけて作成していた建築図面が、突然の落雷で停電してしまいました。

 

書きかけの図面は当然画面から消え、仕方なく電気が復旧するのをっ待っていました。

 

 

 

5分くらいして電気が回復し、パソコンの画面も再稼動を始めました。

 

停電でパソコンの画面が消えた場合、電気がつくと自動的に画面が復旧するはずでした。

 

確かに画面は復旧しましたが、肝心の建築図面のデータが戻ってきませんでした。

 

パソコンに詳しくない自分は、会社でパソコンが良く分かっている同僚に頼んで、データ復旧してもらいました。

 

 

 

やれやれこれで作業できると喜んだのもつかの間、データを画面に呼び出すと、今まで苦労して作った図面がところどころバケてしまっていました。

 

バケた文字もデータ復旧してもらおうと思いましたが、同僚が出かけてしまった後だったので頼める人もなく、仕方なく自分でいちから入力しなおしました。

 

パソコンで仕事をする時代なのに、基本的な操作方法しか知らない自分に腹が立ち、さらに図面の完成が遅れたために残業になるし、踏んだり蹴ったりでした。

データ復旧の方法をとにかく探すことが大事

 

今の時代、デジタル機器を利用する人は多くても、それを完璧に使いこなせる人というのは少ないはずです。

 

それは、大事なデータを損失してしまったときも同様で、よっぽどの技術と知識がない限り、1人でデータ復旧するのは難しいことだと思います。

 

しかし、だからといって簡単にあきらめて良いのかと言えば、決してそういうわけではありません。

 

表面的にデータを損失してしまったとしても、どこかに保存されている場合もありますので、そこはあきらめずにデータ復旧の方法を模索することが大切なのです。

 

それは、HDDのデータ復旧であったり、ケータイメモリーのデータ復旧であったり、SDカードのデータ復旧であったりと、多岐にわたってデータ復旧の方法があり、簡単にあきらめてしまってはいけません。

 

データが損失してしまったときというのは、頭が真っ白になってしまって、冷静に次のことを考えるのは難しい状況だと思います。

 

 

 

しかし、よくよく考えればどうやったらデータ復旧ができるのか?ということを調べるツールには、データが損失したとしても何の影響もないわけですから、まずは落ち着いてデータ復旧の方法を探すことが大切です。

 

逆に言えば、よっぽどのことがない限り、データの全損失というのはありませんので、それをよく覚えておくことが大切だと私は思っています。

データ復旧業者とは何をしてくれるのか

 

現代の我々にとって、パソコンというのは欠かせないアイテムです。

 

仕事はもちろん一家に一台のレベルの家電となり、それどころか一人に一台というくらいまで普及しつつあります。

 

そんなパソコンの記録媒体がHDDという磁気を用いたディスクです。

 

この装置に様々なデータやプログラムを記録し、パソコンとして動くようにしているわけですが、このHDDというのは消耗品であるためいつか必ず壊れます。

 

その壊れる時期というのが不定期であり、予兆があって壊れることもあれば突然壊れることもあります。

 

突然壊れてしまってバックアップも無いという時に役立つのが、データ復旧サービスなのです。

 

 

 

データ復旧サービスは、物理的やプログラム的に壊れてしまったハードディスクからデータを取り出してくれるサービスです。

 

今ではこのサービスも一般的になり、かなりの数の業者が存在しています。

 

値段も質もピンキリであり、成功率というのも大きく変わります。

 

業者によっては独自の機械を入れている所もあり、中には物理的に壊れてしまったディスクを読み取れるレベルまで修復してデータを取り出すという業者もあります。

 

容量によって値段というのは変わりますが、1TBでも数万円かかってしまいます。

 

 

 

どうしても必要なデータが取り出せなくなってしまったら、データ復旧業者に依頼してみると良いでしょう。

データ復旧にかかる費用

 

PCに万が一のことがあった場合のバックアップは、HDDにとっている方がほとんどだと思います。

 

PCは突然クラッシュを起こすこともあるので、HDDは心強い味方といえますが、ではもし、その頼み綱のHDDがクラッシュしてしまったら……。

 

HDDも機械ですから、壊れることもあれば、寿命もあります。

 

その時に行なうのが「データ復旧」。大抵の場合、専門の業者へ依頼します。

 

 

 

データ復旧にかかる費用については、人づてに金額をきくことも多く、一種都市伝説化していることもあるようですが、実際はどれくらいなのでしょうか。

 

実はデータ復旧の費用は、業者によって違うというだけでなく、起きている傷害の種類、復旧しなければならないデータの量によっても変わってきます。

 

 

 

特に傷害の種類は、費用の高低に大きく関わってきます。というのも、データ復旧は専門的な技術が必要とされるからです。

 

簡単に復旧できる状態であれば時間もかからず、人件費もかかりませんが、難しいものになれば反対にどちらも多くかかることになります。

 

また、傷害の種類を大別すると、データは壊れているけれどHDDは壊れていない論、理的傷害のほうが、HDDが機械的に異常をきたしている物理的傷害より、データ復旧は容易、つまり費用は少なくなります。